2004年10月28日

夜回り先生(TVドラマ)

昨夜のテレビでやっていた「夜回り先生」という寺尾聡主演のドラマ。
夜な夜な路上でたむろしている問題児たちの見回りをして面倒を見てきたある先生の話。
ノンフィクションの本が原作でそっちが話題になっていたっけ。
元々別に大して興味はなかったけれども、ずるずる最後まで見てしまった。
不良少年少女たちに、先生や親が親身になって対峙して更正させていくお涙頂戴の物語ってなんかウソくさいっていうかホントはそんなにうまくいかないんじゃないの?と思うので大抵はまともに見ない。
しかし、昨日のこのドラマは原作が実話からだからなのか、ホントにうまくいかない話だったんだなこれが
その辺がなるほどリアルティがあった。
ドラッグ(特に中学生くらいだとシンナー)にはまった子をわざわざ自分の家に住まわせ、しばらくたってその子が「辞めた」と思って家に帰すと依存が断ち切れなくて再度はまってしまう。
先生としてはやさしさ、愛を捧げているのに、その子は「先生は甘いから辞められないんだ、だから更正病院に連れてってくれ」と。
先生はその言葉に少々ムッとして突き放してしまう。
すると、冷たくされたのがショックとなってラリッたまま少年は夜の外を彷徨って、誤って海に落ちる、、、、、、
火葬場で焼かれてしまい、シンナー中毒で骨すら砕けてなくなってしまうのだった。
その後、先生に追い討ちをかけるように、「ドラッグ中毒は依存症なんだから、病気として治療が優先されるべきで、先生のように優しく激励しても無駄だ」と専門医にはっきり言われてしまう先生。
(このことがきっかけで、その懺悔というか教訓として長い夜回り生活が始まる)
あとの二人の子供はいわゆる幼児虐待(child abuse)。
一人は父親に暴力を振られてタバコの火の押し付けやらの傷跡が背中にあって、授業の水泳で裸になるのを嫌がる少年。
子供の頃にそういう暴力を受けてきた有名人といえば、ガンズ&ローゼスのアクセル・ローズ。
若くしてバンドで大成功を収めたにも関わらず、彼はキレやすく仲間に暴力を奮い、人間関係がズタズタになり、メンバーもどんどん離れていく。
10年以上の長いカウンセリングを経てやっとまたガンズとして再活動する。
もう一人は幼少時から父親から犯されてきた少女。
この幼児虐待に関しては先日の栃木だったかで起きた集団自殺の主謀の女性がT・BOLANだかの誰かの元奥さんでやはり、幼少時に父親に犯されてきたため、そのつらい事実が受け入れ難く、多重人格障害者になってしまった人だったという話がある。
このドラマの女の子も最期は自殺してしまう。
これなんかホントに周りがどう頑張っても解決できない。
短絡的な更正物語にならないのは良かったんだけども、じゃあどうすりゃいいのよ、という解決作は提示されないまま物語は終わってしまった。
この幼児虐待のケース。
受けた子供の人格を壊してしまい、まともな生活が送れなくなってしまう。
レイプや過度の暴力(子供のやんちゃを是正するためにひっぱたくとかはその限りではないが)はもちろん悪いがそれ以上にその後の子供の人生を破壊し、結果として奪ってしまう行為なのだ。
法律で罰則のレベルを殺人並みに高くされてもおかしくない行為だと思うが、とにかく親はそこまでやっちゃあおしまいなんだという認識が世間的に薄い気がする。
その他ドラッグや援助交際についてもまだまだ深みのある言葉や認識を親や教育の現場は持っていないのを痛感したドラマだった。
「ダメ、ゼッタイ」という風な身を滅ぼすからダメとか、法律に違反してるからダメとかでは子供を説得できないという話。
ではどうするか、というのはまたいつか。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

10/27

しかし、地震だよ。M6.8だからって甘く見てたよ、、、、、

まだ、4、5日経ってまだ余震あるもんね。

余震治まんなきゃ結局自分の家に戻れずに外で過ごすことになる(車の中とか体育館とか)からね。大変だよこの寒い中。早く治まってくれ、、、、、、

地震だけは対処の仕様が無いもんなぁ、、、、、、、

せめて、予防のためというか耐震性の強い建造物、公共物への関心を高くしなくては。

新幹線が強いのは分かったけど(というか線路がというか鉄橋がというか)。

■英語再開、今日やったこと
忙しさがとうとう英語の学習時間を奪い、ここに書くネタも失った1週間。
やっと再開。
ラジオ英会話をメインにやってきたのでそれすらできないとどうしようもない。
・レッツスピーク 30分
久しぶりの圭南美声。
このレッツスピーク、単語がそれほど難しくないのでだいたい聞き取りは出来るようになっては来たのだが、細かいところを完璧に聞き取れない。

それが分かるのは、最初にディクテーションをしているからだ。

どうしても短縮して発音してる部分が分からないのが現状だが、ここが弱点なので慣れて覚えるしかなかろう。
(例えば、duringを短く「でゅぁ」と言っていたり、willの短縮形や進行形のing等はほとんど発音してなかったりするとこがチョット、、、)

それにひきかえ、「ビジネス英会話」だとまだ根本的に「知らない単語」もしくは意味を忘れてしまった単語がビニェット内にいつもだいたい3個はあるので、1回聞いて全体で何を言ってるか理解できないわけでもないが、文章1つ1つを全て訳して理解できるレベルには達していない。

と、いうことでビジネス英会話のディクテーションにはまだ早い。
こちらはシャドウイングのみ。

・英文法 30分
文法って完璧じゃないとダメだと最近思うんで記憶の定着のために毎日やることにした。
そのかわり、英単語は週1。
こっちはまだ曖昧でもなんとか補うことができても文法は忘れちゃうととんでもない誤訳につながる。

で、オレはすぐ忘れちゃうんだよねw
・ペーパーバック「Angels&Demons」ダン・ブラウン 60分
このダン・ブラウンという名前をすぐ分かった方はかなりのミステリー通。
パトリシア・コーンウェルの検視官シリーズの1作目はなんとか読めたので、ちょっと冒険。
この「Angels&Demons」とは日本語では「天使と悪魔」。

ちまたでベストセラーになっている「ダヴィンチ・コード」の作者の前作なのだ。

そう、ホントは「ダヴィンチ・コード」が読みたかったのだけれども、内容が歴史、科学知識満載で英語だとちとキツイんじゃないかと思いまして。
ならばその前作に挑戦してみてそれが難しかったら諦めて日本語版を読もうかなと。
でもこちらもイタリアのヴァチカンが舞台でローマ教会がどうしたとかガリレオガリレイがどうしたとか出てきてかなり難解かな?と最初思ったけれども、なかなかどうして結構読みやすい。

この作者を洋書コーナーでまだ話題になる随分前からこの「Angels&Demons」を推薦してた横浜の某有燐堂の担当者はGJということで。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

10年ぶりの「愛し愛されて生きるのさ」

まぁ白血病はお気の毒な病気だけれども、そんなのが中心にはさまれた物語なんて極端すぎてリアルじゃないね。

世界の中心で愛を叫ばれるより、日常のそこかしこにある小さな幸福を集めたい。


カゴメ分かってるね。
小説やドラマなど、生活者の関心が"純愛"へと向かっている21世紀の日本に、正真正銘・本物の"しあわせ感"を届けたいから。カップルや親子間の愛情を、視聴者のみなさんにも改めて噛み締めてもらい、大切にしてもらいたいから。

《制作スタッフより見どころのご紹介》

「(子どもたちの事件や虐待、人付き合いからのトラブルなど)暗い話題の多い最近のニッポンに足りないものは、一体何なのだろう」と考えたとき、「"リアリティ"が足りないのでは?」という結論に辿りつきました。IT環境の向上、エンターテインメントの多様化から世の中のバーチャル化が進み、本当の意味での"本物感"をみんなどこかで望んでいるんだと思います。



そんなことずっと前からオザワが言ってたろ。



オザワ、イズカミングバック。「愛し愛されて生きるのさ」



僕たちはふとすれば見落としてしまうHappyに対してもうちょっと敏感にならないといけない。

ここちょっと勘違いすると「世界でひとつだけの花」みたくなるけど、それとはちょっと違うんだなこれが。

レイモンド・カーヴァーの「ささやかだけれど大切なこと」の原作を元にしたロバート・アルトマン監督の傑作「ショート・カッツ」をもう一度見たくなった。
これも10年前に公開されたんだっけ。

posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

10/13

今日は英語よりも苦手な「パソコン」の勉強というか、ネットのお気に入りやデスクトップ上に出ているファイルを整理した。

「パソコン」の操作方法がいまだによく分からない、のは要は

覚えるのがメンドクセーだけなんだけれども。

最近思い腰を上げて、少しはやる気になっている。

すると、昔ブックマークしておいたきり忘れていた英語のこんなサイトあんなサイトを再発見し、今では結構気軽に読めるようになっているのに気付く。

多少は学習成果が出ている。
■今日やったこと
・ビシネス英会話 30分
・レッツスピーク 30分
・web新聞 30分
・TOEICTEST完全攻略3000語 60分
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

10/11

■ラジオ講座から再開
・ビジネス英会話 30分
ビジネス英会話をやはりやることにした。
平日は時間が取れるかはっきりしないので、日曜日にその週の分(3回)を一気にやるので、それを一気に聞いて録音。
そして、次週に1週間かけてシャドウイングなどの復習をする、という「1週遅れ」の方式を採用します。

で、聞いてみた感想。
・「リスニング入門」のように同じ文章(ビニェット)を数日に渡って繰り返さないので、内容が1回分でより濃縮される。
・「レッツスピーク」よりも会話分量は多く(1.5倍くらい)、単語も難しい。
・よって、他の講座の中身をかけ算で掛け合わせたような内容。
ということは将来的にはこれ1本に絞ってもいいかも知れないと思った。
・「リスニング入門」を半年聞いていたので、全く聞き取れずにチンプンカンプンということは無かった。しかし、聞いてなかったらちとキツかったと思う。
・噂の杉田敏さんはビニェットを全部自分で喋って説明していた。
アシスタントの外国人の方が地の文は読むのかと思ってたら、グイグイ自分で読んで説明。アシスタントは文字通りアシスタントだった。
やはりスゴイのかも知れん、、、、、、、


まぁ、なんとかついていけるかなぁ。
・pass単 60分
・webニュース 45分
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

津田寛治という役者がいる。

津田寛治という役者をご存知だろうか?

とりあえず、オールシネマオンラインの出演リストによれば2004年(今年)だけで

[001] □  世界の中心で、愛をさけぶ(2004) 出演
[002] □  乱歩R<TV>(2004) ゲスト出演
[003] □  スカイハイ2<TV>(2004) ゲスト出演
[004] □  漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)(2004) 出演
[005] □  禁断の事件簿 ストーカーを愛した女(2004) 出演
[006] □  ハーケンクロイツの翼(2004) 出演
[007] □  穴(2004) 出演
[008] □  恋愛白書(2004) 出演
[009] □  ラブ キル キル(2004) 出演
[010] □  ロード88 出会い路、四国へ(2004) 出演
[011] □  ファンタズマ 〜呪いの館〜<TV>(2004) 監督
[012] □  キスとキズ(2004) 出演
[013] □  SURVIVE STYLE5+(2004) 出演
[014] □  ガチャポン(2004) 出演
[015] □  さそり<TV>(2004) 出演
[016] □  日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 〜第一夜〜(2004) 出演
[017] □  ソドムの市(2004) 出演

ざっと17本。ほとんど映画であのセカチューにも出ている、一見して余程の日本映画好きでなければ知らないようなインディーズ映画や若手監督作品がほとんど。

そんな、出演作品の中でも津田寛冶の場合セリフが2、3言のワンシーンのみの出演というのが実に多く、何よりも顔の印象が「スーツ姿のサラリーマン」が一番似合うような感じである。こんなにたくさん出てるにもかかわらず顔すら浮かんでこない映画ファンはいるだろう。


公式のホームページで自分の出演作品についてコメントしているページがあって、そこでも「オレどこに出てたんだろう」なんて自分でも映画見ててどこにいるんだか分からないような作品があったりしてますます素晴らしいわけだが。

あの北野武作品「ソナチネ」でのチョイ役から役者としてのキャリアをスタートさせて、つい最近でもチョイ役をいとわずに引き受け続ける男。

その中でも多少メジャーかつ準主役のポジションに浮上した「模倣犯」(2002年森田芳光監督)で、スマップの中居君の相棒役で日本ブルーリボン賞を受賞する。

74本に出演とあるが特にここ3年が凄まじくて50以上は出演中だ。

よくテレビドラマの脇役で無名だが演技の上手い人達は小劇団出身だったりする。(「トリビアの泉」に出てる二人とか)

しかし、そんなバックも持たず、役者としてピンでしかもテレビドラマにはほとんど出ずに映画ばかり出続ける彼は裏で日本映画を支えているのは間違ない。

いつか、このスキマ出演で撒いた種が彼にとっても、また日本映画にとっても大きな花を咲かせるであろう。


そんな来年で40歳に到達する彼の初主演映画が渋谷のユーロスペースという場所でひっそりと上映中だ。

名前は「イズ・エー」という。


渋谷の駅にポスターが貼られていた。

珍しく一番上に彼の名前があってしばし、見入ってしまった。

しかし、ポスターには彼ではなくて脇役の内藤剛志だけしか写っていなかった。













実に津田寛治らしい控えめっぷりである。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

10/1 2

本日の憎き川崎戦の(嫌なのに見せ付けられる)優勝セレモニーには用事があって参加できず。

0−4。
奴らはお先にJ1に行ってしまう。
この屈辱をくっきり目に焼き付けておかないといけなかったのになぁ、、、、。

相当ヘコんだはずだけど、、、、、、。

■昨日&今日やったこと
・リスニング入門 15分
もう最後のリスニング。
最後は実践の物語のリスニングに移っている。
後期は実践編になる。
自分としては基礎編というか発音の聞き分けや音の崩れをやっていた前期が有益だったので、これでおしまいである。
音の崩れ等はレッツスピークでシャドウイングをする時に結局はこだわらなくてはならないので、そちらで補っていこうかと。
・postmortem 90分
まだ読み終わらず。しかしもう数十ページ。
・4コマスピーキング 20分

今週はイマイチ勉強時間が取れなかったなぁ、、、、

■多読時間測定
3月から本格的に(といっても1日約1時間)ペーパーバックの多読を開始して丸7ヶ月。
最多安打を樹立したイチローじゃないけども数値として記録した方が励みになるんじゃないかと思ってこの7ヶ月間の総読書単語数を計測。

結果;6冊で113万語。(千単位を切り捨てで)

以前読んだ分(といっても10冊行ってないと思う)を次回計測して足してみよう。

すると12月中は無理としても来年の3月中に500万語いけんじゃないかな?とふと思った。

今年の前半はトマス・ピンチョンの小説とか難解なものに挑戦してたし、サスペンスやエンタメ中心にいけば結構無理ではない数字。

500万語は目標としては最適ですな。

その頃は辞書引く時間も減ってるといいねぇ。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

「ヴィレッジ」byM・ナイト・シャマラン

見たのは10日以上前なんだけどね。忘れない内に書いておこう。

一般的にはホラー映画だと認知されてるであろうこの映画、、、、、とんでもない。
比較的そういう恐いのを期待してるお客さん達で席は埋まっていたが、彼らは終演後どう思っただろう?

おそらく口ポカーンであったろう。

「シックスセンス」や「サイン」のシャマラン監督である。今回も壮大なとんでもないオチが最後に待っている。

舞台は19世紀末の近代化されていない、ある村である、、、、ホントはコレ位の前知識だけで見た方が良いのだが、、、、、。

で、最後はそれすらもさぁ、、、、って何も言えない!

そして「サイン」と同じく「未確認生物」らしきものの存在が、、、、、。

「サイン」にも出てたホアキン・フェニックスを中心に役者の演技もすばらしく、映像も見事(殺傷シーンや恐怖シーンもあるにはあり、そしてどれもスゴイ)。

が、しかし

そのすばらしい前フリがあって、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、







やっぱりシャマラン天才。

見終わって最初のシーンから一つ一つ思い出していったのは言うまでも無い。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。