2004年12月31日

アメリカンビューティ

■今年の英語の締めは「アメリカンビューティ」の映画。120分

奈良の事件の報道を見てなんとなくもどかしさを感じて、過去何度も見た「アメリカンビューティ」を字幕を消して見た。
自分が英語の勉強をしようと思った目標の一つが「字幕無しで映画が見れるようになること」。
これが、なかなか大変だということが分かった一年であった。
一年でできるようになるのは無理無理で、この目標は来年以降持ち越されるのだった。
今回の聞き取りは6、7割がいいところだったかな。
早口で言い合いしているところはまだまだ難しい。
ただ、スラングなんぞは余り覚えても有効でなく、普通の単語や会話の暗記、理解でなんとか映画は聞き取れるものだなぁと思った。

内容はひと言でいえば「アメリカの中流家庭の崩壊」というものなのだが、今まで何回も見ているので、新たなデティールの発見ができた。
父、母、こども一人という三人の家庭の、道路をはさんだ二軒が主な舞台。
父親役のケビン・スペイシーの独り言とシャワールームでの千擦りwで始まり、娘のクラスメート(ソーラ・バーチ)で一際セクシーな子(ミーナ・スバーリ)を思い浮かべて、中盤でもう一度w千擦りシーンが。
こんなに間抜けな役をよくやるなスペイシー。
ソーラ・バーチ扮する娘をストーカー紛いにビデオテープで盗撮する、娘の同級生でもある向いの家の息子。
この息子が撮影しているという設定で、モニター越しのスペイシー家がたまに出てくるところがこの映画の秀逸な部分なのだが、ソーラ・バーチが割とどんくさく描かれ、ミーナ・スバーリが美少女として描かれる中、その息子のカメラはその少女二人を撮るときには必ず、ミーナ・スバーリを無視してソーラ・バーチにズームしていく。
スペイシー家のほうは、親父が娘と同年齢の娘に惚れて麻薬でラリッて会社を辞めるは母親は不倫するわ、一方その向いの家は、父親は退役軍人かなんかで母親と一緒にずっと家にいてテレビ見てるような寒い家だわで、窮屈な雰囲気の中、最初は「ストーカー、キモッ!」ってな反応をして距離のあった子供二人に奇妙な親和性、歩み寄りが生まれる。
暗闇で隣の家の少女をビデオカメラで盗撮する少年とその少女との最終的な和解と接近。

奈良のああいう嫌な事件が起こる度に思う。
もちろん犯罪の残虐性はどうしようもなく、擁護できることはこれっぽっちも無い。
しかし、ああゆう残忍性を持ってしまった人はそう簡単にそれを直すことはできないのではないか?
ならば、犯罪を犯す一歩手前のギリギリを延々と生きていけるような手段はなかったのだろうか?
(それが我慢できないところがダメダメなのかもしれないが)
「アメリカンビューティ」の盗撮少年のビデオのカメラの先には一筋の「光」があった。

娘の同級生と援交にこぎつけそうになったバカ親父のスペイシーは遭えない最期を遂げるのでした。

さて、誰に殺られたのでしょう?

あと、ソーラ・バーチはやはりイイ!
最近の日本の若者がよく「ダリぃ」とか「ダルぃ」とか言うけど、正にそんな姿をうまく表現できる女優。(「ゴーストワールド」も見るべし)
日本にはそういうリアルを表現してる女優はまだいないなぁ。
昔のアイドル文化の癖が残っているのか明るすぎするんだよね。それ自体ウソっぽい。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

tsunami

tsunamiは国際語らしい→http://search.yahoo.com/search?p=tsunami&sm=Yahoo%21+Search&fr=FP-tab-web-t&toggle=1&ei=UTF-8
cnn→http://www.cnn.com/2004/WORLD/asiapcf/12/29/asia.quake/index.html
その他ラジオとかでも「ツナミが〜」と言っていたので一般的に浸透しているようですな。
「tidal wave」というのが「津波」英語訳のはずだが、それは余り使われてなかった。
台風(←typhoon)のように英語の当て字だったのかと一瞬思ったけども、




「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」


















んなわけないか。


なんで日本語の「tsunami」が英語として使われてるのかは知らない。

サザンは英語として使われてることを知ってて曲のタイトルをローマ字で表記したのだろうか?
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

12/26

■いや〜ペリエ凄すぎ。馬が凄いのか?いややはり騎手でしょう。
有馬であんな勝ち方見たこと無い。
最初から2、3番手に居てかかってんのかと思ったら、そのまま強引にタップとの直線での対決に持ち込んであっさり三冠達成。
そいで、三年連続有馬奪取。
フランスの凱旋門賞でも昔三連勝したんだって、インタビューで言ってた。
外国人の騎手がここ数年参加するようになってから、日本の競馬が変わってきた(実際レベルが上がってるわけなんだろう)気がする。

■M-1グランプリ
てっきり「笑い飯」が松っちゃんに継ぐお笑いの星になると思ったけれど、
「南海キャンディース」、凄いねぇ。
どんどん新しい笑い新しい人が出てくる。
「アンタッチャブル」が貫禄勝ちしたけれども自分的には「南海キャンディース」の決勝のネタの方が面白かった。
あのメガネの男の人はドラマかなんかで見たことあるなぁ、、、、

松っちゃんが今回審査員に居なかったのが残念。
去年は「笑い飯」激賞してたから、彼らを見てたらどう評価してたのか、、、

■今日やったこと
英文法とpass単の復習がまだまだ続く。
文法の間違う箇所を見ると自分自身の英語のセンスのイマイチさを痛感する。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

12/21

・レッツスピーク 30分
・ダヴィンチ・コード 60分
・pass単 60分
・英文法 60分
相変わらず英単語の暗記がツラい。ツラすぎる。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チキンライスを

昨日の「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」を見て以来、ふと一息ついたときに「チキンライス」のメロディと歌詞が頭の中でループする一日。




ふと、「チキンライス」って、、、、、、、、、、、、、、、、、




あれ?





名前には親しみがあるが実際の形がいまいちイメージできない。

多分ケチャップで味付けした少し赤みがかっていて中に白い鶏肉が混ざったようなのだよ、、、ね、、、、

う〜ん、、、オレちゃんと食べたことあんだっけ?????「チキンライス」。
ピラフは、ある。オムライスは、ある。けど、「チキンライス」????


夜、帰りに洋食屋と思しき店を数件見て回る。不二家とか有名なところも。





けどさ、どこでも見つからなかったよ、まっちゃん。

やっぱり食べたこと無いのかな?オレ。
七面鳥もそんなに無いけどさ。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

12/20

・レッツスピーク 30分
・pass単  120分
今年も終わりなので。今月は一年の復習をやっている。
その中でも単語の暗記が大詰めに差し掛かっているが、これがツラくてツラくて。
1級用と準1級用の2つ。
受けるとしたら準1級なのだが、1級レベルの単語を覚える覚えないとでは新聞やペーパーバックを読む速度に雲泥の差が出ることに気付いたので、必死こいて暗記中。
あとは、文法の方も今月はずっと復習中。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エロ単語

検索「英語 エロ単語」で2位w
これは誇っていいことだよな。
安易に下ネタに走る奴は殴る(byデストラーデ高校山口ノボル)というポリシーに同意するのだが、下ネタは悪くない。
面白い下ネタがさらりと書ける人になりたい。

こんな人は憎めない。

学校のパソコンで仕事中に出会い系サイトに投稿したことなどを理由にした解雇は不当だとして、久留米工業技術専門学校(福岡県広川町、廣瀧勲校長)の50代の元男性教師が解雇無効などを求めた訴訟の判決が17日、福岡地裁久留米支部であった。小山邦和裁判長は解雇無効を認め、同校を運営する学校法人・久留米工業大学(喜多村禎勇理事長)に15カ月分の給与など約1000万円の支払いを命じた。
 小山裁判長は「勤務中のメール送受信やモラルを欠いた投稿は服務規則違反に当たる」と指摘した。しかし「仕事に支障は来しておらず反省もしており、懲戒解雇は過酷すぎる」と述べた。
 判決によると、元教師は01年4月から、勤務中に校内のパソコンを使って複数の出会い系サイトに書き込み、多数のメールを送受信した。学校側は昨年9月に解雇した。


まぁ確かに仕事中に私用でのパソコンでメールの送受信を見つかったくらいだとせいぜい悪くても減給で済みそうだが。
しかし、10代のいる学校で、ですから、、、
そして、不当解雇で訴訟なんて余程のことがない限り辞めるように諭されるのにものすごい頑張った。
そして、勝った。
頑張っても誰にも支持されないことをこの人は頑張ってしまったという。
しかも、そりゃあバレるわなというくらい多数送りまくった、学校のパソコンで。
この人の一連の「無駄なエネルギーの使い方」が素晴らしい。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

Haudy haudy

英語教室経営者が失踪 一部生徒から「預かり金」
ほとんど宣伝されてないけれども口コミでの評判がよく(とかとか)、友人も通っていた知る人ぞ知る渋谷の英会話スクールHaudy Haudy。
授業料が安価ながらも堅実だ、という良い評判のあるところが金持って逃げるなんつう最もやって欲しくない評価に対する裏切りをしてしまうという。
微妙に授業料を値上げするとかでなんとかならなかったのだろうか?
理想を現実に実行していくのはかくも大変なのものなのか。う〜ん。

英会話スクール、、、通う側には英会話を上達させようという向学心しかないかもしれんが、向こう側は儲けようという論理が働くからその辺が悩ましい。
苦情の多いNo●aとかは講師の問題よりも、スタッフがあれこれ講座を薦めたり何かを買わせたりするといったものの方が多い。(リンクを貼った例なんて典型)
通う側はそのサイフを狙ってくる資本の論理をうまいこと交わしつつ自分の学びたいものを掴み取ってこなくちゃいけないわけですな。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

12/10

あ、もう「エレファント」レンタルになってる。
今年のベストはやはり「エレファント」ですな。
これR-15とかになってたりして、、、バトルロワイヤルな中高生こそ見るべき映画なんだぜ。


■昨日&今日やったこと
・レッツスピーク 60分
・ビジネス英会話 15分
・TOEICテストまるごと模試600問 120分
・pass単 60分

久しぶりにTOEICの予想問題を解いた。本番は最近全然受けてないのだが月イチくらいで予想問題を解いている。
リスニングはやっと前半の方であまり間違わなくなったが、まだまだ後半の特に会話の問題が解けない。
というか、問題を読むヒマというかタイミングがいまいち掴めない。
失敗すると問題が流れてるのと同時に答えの選択肢を読んでたりする。
これでもかなり急いでるつもりなんだけどねぇ。
あれ速読というか、問題と答えの選択肢をホントにパッと4つの文を5秒くらい(ちょっと大げさかな?)で読めないと聞き取れたとしても答えが出せないのが悩み。
これも慣れてくると、野球でバッターが好調時には打つ瞬間にバットに当たるボールの縫い目までゆっくりと止まって見えるように、すぐに問題が読めてゆっくりと問題が聞こえてるようになるのかねぇ(って例えがナゲ〜よっ!)
リーディングは先月よりも読むのが速くなった。相当。
ついに時間が余るようになった、といっても前半の文法方面が急ぎすぎで適当マークが依然あるのだが。
ペーパーバック、新聞の多読による単語量の増加によるところが大きいと思われ。
昔は小手先のテクで問題の本文の前に設問の選択肢を読んでから解答していたが、今回は普通に本文を全文読んでから解答していってもそっちの方が速かった。
速読は、単語知っている→内容の理解が速いという流れなんだと一先ず考えておく。

知っている単語の増やし方としては受験勉強の延長のような単語集をコツコツと覚えていく方法ととにかく多読して不明の単語にぶるかる度に辞書にあたる方法があるが、自分は後者を選んだ。
(たまに単語集をチェックするけれども)

あと、5冊くらいペーパーバックを読むとだいぶ覚えられる気がする。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

2004Jリーグチャンピオンシップ第一戦

ちょっと日にちが開きました。

先週の土曜日は知り合いの自分とこではなくて他チームのサポでは圧倒的に多い「赤い」とこの試合、チャンピオンシップを見に横浜国際競技場に行きました。
ゴール裏の自由席なので試合の3時間ほど前には着いて列に並びました。
最初知り合いに騙されて、何か赤ではなくて黒い集団の列の後ろに並んでま
した、、、、



危うく最もコアサポのウラワボーイズさんに混じって見るハメになるとこでした。


しかし、その集団でも楽に凄い列が作れる位、軽く千人以上はいたんじゃないかなぁ。
自由席なのにどういう手はずなのか、他の一般人とは別にそのコアサポさん達が歌い行進しながら入ってくるのはなかなかでした。
(その人たちの席がうまいこと開いていた)

一般といってもゴール裏に座る連中はほとんどずっと立ちっぱなしなわけで。
(結構歌も歌えることは内緒。横浜FCがJ1に上がったら忘れる)

試合はこんなに攻め急ぐもんなのか?ってくらい速い速い。ちと固勝ったかも知れない。
セットプレイを決められて負けちまいましたが、次はホームなので取り返して下され。
横浜のもういっこの方、6年振りに見たけれどやっぱ何か違うなって感じ。
あれに、連勝させるなよ。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/8

・レッツスピーク 30分
・ビジネス英会話 15分
・「Angels&Demons」150分
「英文解釈教室」は終了。しかし、更にまた繰り返さないといけないと思う。
そして、もう一つ残っていた「Angels&Demons」読了。
単語が難しいといってもなんとか辞書引けば分かった。
教会の礼拝堂やお墓などの建物の単語が多かったが、、、あまり他に応用は利かないでしょう。
内容は読みを終わってこの展開でこの結末なのかってのが予想できない力作ですな。
単語引くのがちょい面倒だけれども引き続きこの著者の作品「ダヴィンチコード」を読みます。

あの中田さんも注目の。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

12/1

・レッツスピーク 30分
・ビジネス英会話 15分
・英文解釈教室 150分
脳みそが悲鳴を上げているのでストップ。
明日にはこの本終わるでしょう。
この本、ホントに難しいが、はっきり言って実践的にはTOEICにも英検にも(英検には少し役立つかな)役に立たない。実に趣味的な本である。
まるで、わざと難しく捏造したかのような文が並ぶ。
それを論理的な力だけで読み解いていく。

では何故取り組んだのかといえば、ほとんどは文章というのは単語力とある程度の文法で読めると思うが、非常に少ない確率で構造が読み取れてない場合があるから。それがじぶんとしてはもどかしく感じられたため。

これは受験参考書なのだが、一般書でただただ難解な文章を頭を痛めつつ解いていくような本が見当たらなかった。

受験参考書としてもこういっちゃなんだが、こんなのを独学でやると英語が嫌いになっちゃうような人が続出するだろうな。

受験生の良い子は手を出さないようにw

と、ネガティブなことばかり書いているが、究極的には英文の構造を正しく読み解けないといけないし、毎度毎度訳し終えると個人的には心地よい疲労感が残りイイ!のだ。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。