2005年03月05日

シベリア超特急5

siberia5_800.jpg
本日が最終日だと知り、あわてて新宿に駆けつける。
最終回で立ち見のところを、スタッフ総出で事務所?の椅子を出してくれて、それに座って見た。

前回同様、サービス精神最大値の水野先生、ぼんちゃんと共に開始前に入り口に出現&トーク。
前作では終演後、おもむろに人だかりがあるロビーに現れ、机が前にある椅子に何も言わずに
「マジックを自ら持って」佇んでいた。
(「サインしてあげますよ〜君たち並ばないの〜?」と誘導するように、、、、)

映画を見に行くと高確率で作った本人に会える」、これがシベ超の魅力の原点。
本人が先頭に立って(その前に監督&主演だし)、作品の宣伝、広告、はたまた当日の劇場におけるファンサービス、何かとても過剰な上映運動。
そして、先生を慕う人達が集まって「先生」、はたまた映画の出演役同様「閣下!」と日常でも呼び合う強固な人間関係。
みうらじゅん、大槻ケンジ、コサキン、掟ポルシェ、等等都合のつく著名人達も連日のイベントのために馳せ参じる。

この水野先生の下に集合した濃密な人間関係を含めて鑑賞することが「シベ超を見る」ということなのである。

だから当然、映画館に行かなくてはならないのだ。

内容は前作までの再リメイクいうか、何度も同じようなシーンの連続でその度に会場から笑いが起こる。
・閣下がウォッカを飲むと(毒を盛られて)「うっ!」と苦しみ出すが実はウソ。
・ぼんちゃんが窓からロープで隣の部屋に移動。
・ぼんちゃんがロープを投げて敵と戦う。
この辺のシーンにまたまた入っていて、マニア泣かせ。
(それって有名な映画元ネタがある、なんて野暮なことはツッコミ禁止)
更には毎度毎度水野先生「以外の」技術向上があり、今回はCGをふんだんに使用して、万里の長城を再現していたところが見所。

終演後、再度ぼんちゃんが一人で出てきてトーク。
今作のシナリオの致命的な欠陥について暴露して笑いを取る。
しかし、実はシベ超の3で、シナリオの辻褄が合わないところをつっこんで修正させたら、あまり面白くなくなってしまった。
だから今回は外部の干渉は廃して全て水野先生の好きなように撮らせた。
なので、滅茶苦茶なところはたくさんある。しかし、ぞれが先生の魅力なのだというような内容。

そのトークの最後の方で「みなさん、こんな映画に見せられてお気の毒ですねぇ。でもあと2年くらいだと思うんですよ」と何か意味深なことを言って涙ぐむところがあった。

そうかぁ、、、、もう74才だというし体も相当悪いところあるんだろうし、、、、

ますます、これからのMike Mizunoに目が離せないですな。

シベ超、舞台も入れて10まで撮るらしいっすよ。
posted by Hachimitsu at 09:45| ☀| Comment(11) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。