2005年04月29日

4/28 FC東京−柏レイソル戦@味スタ

普段めったに気をかけないのだが、今朝偶然目にした「やじうまワイド」の今日の占いランキングみたいなやつで、自分の星座が1位になってて(だからボーっと見入ってしまったのだけれども)、

「遠出がラッキーを呼ぶ。ラッキーカラーはゴールド(金)」


というのが一日中気になっていて、金=太陽=太陽王=レイソルってことで黄色でもいいかwと思い普段ならば絶対に足を運ぼうと思うわけがない「FC東京−柏レイソル@味スタ」へ。

先日事件があって諸々の処分の結果

>3.サポーターの処分 (1) 場内監視モニター録画映像及び関係者の事情聴取によって暴行行為が判明した柏サポーター11名(いずれも男性)の無期限入場禁止(ホーム・アウェー)。
(2) 上記11名が所属する「RYKN」および「太陽工務店」の2グループの1年間の場内活動禁止(ホーム・アウェー)。
 
ということになり、最悪太鼓の持ち込みや声だしが禁止になり、FC東京の歌だけが流れる異常事態になるんじゃないかと思って心配していた。
それを受けて、東京も江戸っ子の心意気で今回は執拗に煽ることもなく、両者粛々と行われるんじゃないかと。
ところが、試合1時間ほど前に会場に到着して柏側のゴール裏に行くと黄色いユニのサポが200名程いて、太鼓ちゃんとあった。
ビフォーアフターのアフターしか見てないので以前がどうなのだか分からないが、それでもかなり人数が減っているようだった。
そして、そのゴール裏の区画に沿って警備員がぐるりと四角に取り囲んでる状態。

選手紹介が始めると、残されたメンバーにしてはしっかりまとまったコールとチャントが始まる。
普通に東京に対するブーイングもあり、向こうからもブーイングも普通にあった。
そして、やはりこういう時の東京サポは空気を読めていて、柏に対する煽りのコールはしなかったと思う。
試合が始めると、東京の右サイドにかつて横浜に期限付きで移籍していた迫井が不意に入っていて、やはり自分的にツイテると思ったが、試合のペースは終始東京。
攻撃的守備とはこういう事かって位、東京が走り回り柏のスペースを消していき、狭いところしかパスが出せないような状況の中、何故か柏が2点取って勝利。
柏の選手達も今回の事件は十分意識してたようで、こちら側のCK時に安永が自分のコールに反応してゴール裏を煽り返したり、2点目を決めた平山はすぐにゴール裏に得点をアピール。

やっぱし、金=黄色で合ってた。いい勝ち方。気持ちよかった。

そして、柏のゴール裏。
多分コールリーダーも変更していつもよりデリケートにやったんだと思うけど、統率も取れていたし
結局、ああいう事件が起こっても柏のコールや歌は途絶えなかった。
柏の人達がこの日、ハーフタイムも試合後も電光掲示板で気にしていたのは名古屋の試合結果。
ブーイングまでは無いが多数の人が反応してた。

暴力事件はまぁ、当然悪で重い処分が下されても仕方がないが、あえて

太陽工務店、レイ研がんばれと言いたい。

だってこれからも、どこの会場でもどこだって起こりうるし重い処分を下しました、ハイ解決って事にはならないでしょ。
現に試合後、警備員が手薄なはずの東京のゴール裏の方がブーイングの嵐で荒れていたし。

起こりそうで起こらない、起こさせないせめぎ合いをエンドレスで引き受け続けるのが、スタジアムの熱狂と歓声に惹かれた者達の所作だと今日の試合で改めて実感したのだった。






続きを読む
posted by Hachimitsu at 08:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

コラテラル

監督: マイケル・マン
出演:トム・クルーズ ジェイミー・フォックス

こんなに面白い映画を見逃していたとは、、、、
マイケルマンさすが。
渋くてカッコイイ、そして夜の映画。

CGが進化しすぎて、どんどん実写なのにアニメのようになっていくハリウッド映画。
そして、「Mr.インクレディブル」や「ファインディングニモ」等の、「アニメ」の傑作自体もどんどん出来ていて、「映画」はどこへ行くのかが心配なアメリカ映画だが、まだこんな傑作が残ってたんだ。

スコセッシも中途半端に金のかかった飛行機映画なんて撮って自分を見失わないで、こういう映画から、「タクシードライバー」の映画からやり直して欲しいところ。
(ということは「インファナルアフェア」のリメイク、というのは期待できるのかもしれない)

アクション映画?のくせにセリフが多くて(ほとんどのシーンが、タクシーの中での犯人と運転手とのやりとりだから)、ちょっと聞き取りが大変だった。
内容がようやく追える程度しか出来なかった。
しかし、面白かったので後で日本語字幕を出してもう一度見た。

初めの方のシーンで、トム・クルーズ扮する殺し屋が殺した死体がビルの上からタクシーの屋根の上に降って来て、運転手のジェイミー・フォックスが激怒するところはホント秀逸。



posted by Hachimitsu at 06:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

4/13〜4/18

いまいち週末はかどらず。
・ハリーポッターと炎のゴブレット 300分
ペーパーバックは2週間で1冊読めるペースで行きたい。
しかし、今週中に読み終わるだろうか?
・ビジネス英会話 60分

これ以外にAFNの午後7時〜8時の「Morning Edition」という番組を最近よく聞いている。
生放送だから、ちょうど日本のその時間が朝ニュースになるってことね。
posted by Hachimitsu at 22:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

ラブアクチュアリー

出演: ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ、、、、

クリスマス前の五週間を週ごとに描いていく。
出演人数が多い映画。
微妙なルックスで顔と名前を覚えにくい男、コリン・ファースもいる。
エマ・トンプソンはだんなの浮気に気づいて泣いたというのが、自分の聞き取りが悪くて分からなかった。
ポルトガル語が出てきてとまどうところもあるが、それ以外はなんとか流れで理解できた。
変に囁いたり叫んだりする芝居が少なく、たんたんとした演技が多いので教材としては良いかも。
DVDを購入して繰り返し見れば、勉強になると思われ。

画用紙に字を書いて紙芝居式に告白するシーン、去年の月9の「ラストクリスマス」にも出てくる。

パクられてやんの。



しかし、春先に見る映画じゃないよな。

季節を間違えた。
posted by Hachimitsu at 11:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

4/11 12

・ビジネス英会話 30分
・ハリーポッターと炎のゴブレット 120分
・pass単 60分
・DVD「A・I」30分
今月は「A・I」をしつこく何回も繰り返し見る。
「月一枚のDVDを何回も繰り返し見る」、というのをやってみようか?
ジュード・ロウ扮するセックス・ロボット「ジゴロ・ジョー」とロボットの相手をするのは初めてで恐い(つまり、ロボ男娼を買うのは初めてなの)という女性との会話をじーっくりと再生(馬鹿)。


二日続けて雨で近所の公園の桜がどんどん散っていく。
ということは、満開の桜はつい先週の土日で見納めだったのだ。
3日間位見続けてさすがに最後は「ウザイ!」と思ったのだが、なんとまあ儚いことよ。
posted by Hachimitsu at 21:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

ショーンオブザデッド

「ドーン・オブ・ザ・デッド」ではなくて、「ショーン・オブ・ザ・デッド」。
去年から見たかったのにずっと貸し出し中だった、「ゾンビ(ナイト・オブ・ザ・リビングデッド)」のパロディ。
といっても、ギャグを狙ったものでは無くて、ゾンビもののアラを皮肉でツッコミを入れていくとこうなりました、という代物。
例えば、外を出たら大勢のゾンビで一杯で、そこをどうしても突破しなくては!という時に
ゾンビの物真似をしてダラダラと歩いたら大成功!
とか、そういう奴。
イギリス映画なのか少し長ゼリフが聞き取りにくいけれども、「ドーン〜」と同じく全体のセリフ量は少ないのでなんとか字幕無しで内容は掴めた。
展開もコンパクトで、時間も90分前後で良い。
posted by Hachimitsu at 01:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/4〜4/10

・多読「ハリーポッターとアズカバンの囚人」読了まで
・DVD「フレンズH−3巻、4巻」
・DVD「ショーンオブザデッド」

・DVD「A・I」×2
 これは既に何回か見ていて、更に細かく聞き取れるところと聞き取れないところを探す為にダイジ ェストでイイトコ約60分を繰り返し見る。
 熊のぬいぐるみのテディが、デヴィッドの死んだお母さんを復活させる為に保管していた髪の毛を 差し出すシーンは何回見ても渋い。
 日本語ではなくて英語で字幕を出してみて、まずそこがきちんと訳せていない箇所がある。
 時間をかけて訳せればいいかもしれないが、聞き取る場合聞こえたすぐそばから訳せないと意味が 無い。
 それと、音として聞き取れないもの、単語が難しくて訳せないものを整理してあと数回見たい。
・ビジネス英会話 
posted by Hachimitsu at 01:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

ハリーポッターとアズカバンの囚人

0747546290.09.MZZZZZZZ
前2作は面白さは?だったハリポタだったが、この3作目は読み応えがあった。
あぁやっぱりポッターの両親が昔殺されたときの謎、なんつう過去の話を解き明かしていく展開になっているわけね。
単語はほとんど調べずに読み進んだ。
さすがにdivination=予知、予言やenchant=呪文をかける、等を知らないとしんどいからそれ等は調べたけれども。
しかし、「ロードオブザリング」と同じくこういう長編ファンタジーものは固有名詞を覚えるのが結構大変だ。
ハリポタだと主要な生徒が5人位に先生を5人、合わせて敵?や地名を含めて毎回20個以上の固有名詞を出てくる度に書き出して、整理しながら読んでいかないと厳しい。

この位のレベルのをずっと読んでいくと多読は結構楽しいし、読後感も充実する。
posted by Hachimitsu at 09:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

伝説

プロ野球の試合なんてほとんど見ないんだけど、昨日偶然チャンネルを合わせた横浜−巨人戦。


巨人側の攻撃で小久保が長打を打って、一塁を回って二塁に進もうとしてやっぱり駄目で慌ててヘッドスライディングで戻ったときにボールが返ってきてタッチアウト!って場面。

ビデオの再生だと余裕でアウトなんだけど、審判の立ち位置だとそれが見えなくてセーフにしちゃっときに横浜のベンチから物凄いスピードで一塁に走ってくるユニフォームの男が。




牛島新監督スゲェこえーの。


目はタレ目の優男だけど、星野みたいに怒りを前面に出すタイプじゃなくて内に怒りを蓄えてっていう感じ。
だけど、そのスゴみが半端ない。


んで試合は同点で延長になって、その後サヨナラ勝ちしたんだけどベンチの中でも自ら率先して手叩いて盛り上げてんのね。




やっぱり、リアルパッチギというかガキ帝国というか
浪商 牛島伝説はホントだな。
posted by Hachimitsu at 07:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

本の紹介

4796645535.09.MZZZZZZZ

こんな本がついに出ました。
「このミステリーがすごい!」と一緒じゃんw宝島社。
やっぱりもう訳分からんわけよ。
「英語耳」だの「七田式」だの次々と。
この本の評者は結構科学的見地で評価しているので軸のブレがない。
だから、一つのモノサシとしては参考になるのでは?

英語学習の世界は、資格獲得が目的(ぶっちゃけTOEICの点数アップのため)なのとそれだけではホントの実用として通用しないんじゃないの?ほいじゃあリアルな英語力をつけるにはどうすんの?という主に二つの見解があるようだ。

そして毎月毎月新刊の本がワンサカワンサカ出るのだ。
posted by Hachimitsu at 23:11| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/1 2

・ビジネス英会話 60分
・アズガハンの囚人 60分×2
・DVD「フレンズ9巻@」90分
・pass単 60分



うー仙台行きたかった、、、

横浜FCロスタイム劇的勝利も、用事があって行けず。
携帯でスタメン発表を見て、「こりゃ信義が真ん中しかも攻撃のポジション?何年振りだ?」
と、ある会合中も気になって気になって上の空。
最後はトイレに十分近く入って速報と睨めっこ。
和式便所にズボンを下ろして下半身を晒してウンコ座り、という異様に間抜けな姿のまま試合終了の瞬間左手でガッツポーズ。

魔の仙スタでとうとう勝った!
選手、スタッフ、サポの皆さんおつかれ!
posted by Hachimitsu at 22:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

アビエーター

うーんスコセッシの不振はまだまだ続く、、、、



ディカプリオが墜落するシーンは良かったけれどそこまで来るまで耐えられるか?

「ギャングオブニューヨーク」よりは随分マシなった気がするが、、、

飛行機映画ならば、「スカイキャプテン」の方が面白い。


英語のリスニングとしてはかなり難解ですな。
特に最後の裁判で言い合うシーンは全然分からなかった。
posted by Hachimitsu at 20:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。