2005年06月30日

クロマティ

映画公開に待った 人気マンガ「クロマティ高校」 クロマティさん「名前使うな」
>青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる

誰か英語に訳してちゃんと読ましてやれよ、、、、
クロマティの名前自体と内容は全く関係無いですから。
posted by Hachimitsu at 00:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

コンフェデ 日本−ブラジル

うー悔しい、、、、
勝てたよな。

しかし、ロナウジーニョもカカも日本をなめずにちゃんと先発で出てくれてサンキュ。

あと本番までにこれ位の強い国、強いメンバーと5試合くらいガチでやって欲しいな。
posted by Hachimitsu at 21:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ミリオンダラーベイビー

出演;クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
監督;クリント・イーストウッド

アカデミー賞受賞の女性ボクシング映画。
もうお爺さんと呼べる年齢に近づいているイーストウッドの新作。ボクシングジムの老トレーナーという設定も違和感がなくなってきたと。
「ミスティックリバー」よりは手堅くまとまった感があるがさすがにうまい。
最初女性(ヒラリー・スワンク)の入ジム?(入団)を頑なに拒んでいるが、女性のボクシングに対する情熱に打たれてトレーナーを引き受けるあたりの下りがクサくならずに滑らかに自然に描かれる。
普段は車のトレーラーに寝泊りしているアメリカの貧乏な白人達、いわゆるホワイトトラッシュ出身で、レストランのウェイトレスからボクシングだけを生きがいにして成りあがろうとする彼女の物語、ただそれだけかと思ってたら少し違っていた。
最初は用具も満足に買えないような生活から、親に家を買い、チャンピオン戦にも挑戦し、海外を対戦で周る、成功物語の感動物のはずが、何故かそのそれぞれの場面でズレる。
感動悲話は悲劇に転ずる、転ずる。

そして、最後のオチは日本人には理解できない。

外から入ってくる太陽の光に満ちた病室の廊下を、一人去っていくイーストウッドのシルエットがまたいいのだが。

あ、そうそうこの映画の字幕は戸田奈津子だった。
最近ロードオブザリングだとかで誤訳だの言われてるが、確かにこの映画でも完全に直訳とは違う訳が何回か出てきた。
それが誤訳かどうか判断する力は無いのだが、大御所一人は集中的に叩かれるのはどうなんだろう?
誤訳なのか異訳なのかはっきりさせる能力のある人がきっちりと分析して欲しいのだが。
posted by Hachimitsu at 21:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

大黒〜!!!!

いや〜夜中まで起きてた甲斐があった。

さぁ寝るぞ!
posted by Hachimitsu at 02:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

「シガテラ」終了

といっても、先週号の話なのだが、、、、

まだまだいくらでも展開していきそうな感じだったのに唐突に終わってしまった。
高井君とか耳切られたいじめっ子の兄ちゃんの今後とか、、、いったい何処へ、、、
70話ってことは全7巻か。「ヒミズ」よりは頑張ったんだね。

「エヴァンゲリオン」とか「電車男(読んでないけど)」のように勇気を出して、背伸びして頑張って挑戦して、やり遂げた!しかも成功した!バンザ〜イ!、、、、、、、、、、、、
っていう「後」の方が人間は苦しむ、という世界を描いたレアな漫画だったのに。


もう少し長く読みたかった、、、、、、、
posted by Hachimitsu at 22:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたりにクギづけ

出演: マット・デイモン, グレッグ・キニア, エヴァ・メンデス
監督: ファレリー兄弟

原題は「Stuck on you」。「あなたに夢中」とか「君に惚れてる」と言った意味があるようだけれど、この映画でが普通に「いつも一緒」という訳で。
ファレリー兄弟待望の新作ということで期待して見たのだが、内容はイマイチだった。
胴体がくっついた「シャム双生児」の兄弟の話というまたいつものエグい設定なのだが、ちょっと普通の展開でありすぎた。
また、ファレリー兄弟の映画にはいつもニート?引きこもり?アメリカでいうところのナードな脇役、そいつらが一番現実にいそうでいい感じなのだが今回は出てこない。

薄味なハッピーエンド映画にがっかりだったが、リスニングはスラングもひどくなく、聞き取り易かった。

posted by Hachimitsu at 22:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

W杯ドイツ大会出場決定!

おめ!

ここに来てやっと国内組と海外組ちゅうのがうまく融合されてきた。
コンフェデが楽しみだ。
大久保も出るし。
大黒、復活柳沢、大久保、ワンダーボーイは常に2、3人いると強いよね。

斧(セルジオ発音で言うところの)が欠場は残念だけれども。
posted by Hachimitsu at 07:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

備忘コピペ

"You'll never walk alone"

When you walk through a storm         嵐に出会った時は
Hold your head up high               しっかり前を向いて行こう
And don't be afraid of the dark          暗闇を恐れてはいけない

At the end of the storm              嵐の向こうには
There's a golden sky                青空が待っている
And the sweet silver song of a lark       雲雀が優しく歌ってる

Walk on through the wind             風の中を行こう
Walk on through the rain             雨の中を行こう
Though your dreams be tossed and blown    たとえ夢破れようとも

Walk on, walk on                  歩こう 歩き続けよう
with hope in your heart              希望を胸に
And you'll never walk alone           そうさ 俺達は一人じゃない
you'll never walk alone              俺達は一人じゃない

Walk on, walk on                  歩こう 歩き続けよう
with hope in your heart              希望を胸に
And you'll never walk alone           そうさ 俺達は一人じゃない
you'll never walk alone              俺達は一人じゃない

posted by Hachimitsu at 08:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/30 31

残念ながら「方法」までは書いとりませんのよ、君ぃ。
てか、何で上位に来るんだか、、、、


・ビジネス英会話 30分
・文法総攻撃   60分×2
・TOEIC完全攻略3000語 60分×2

あと、図書館から借りてきた「満点奪取のTOEICテスト頻出表現集」というのを少し読んだ。
凄い大げさなタイトルだが、出てくる単語はオーソドックスな物が多い。
つまり、TOEIC対策は単語や文法も範囲を絞って集中的に覚えた方が効率がいいというのが分かる。

満点
この「はしがきを是非お読み下さい」という内容も実に普通のことが書かれている。
いや、冗談が通じなさそうな神経質そうな筆者の顔がチト恐いので、マイルドにマイルドに、、、

いい本ですよwww!
posted by Hachimitsu at 00:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。