2006年01月20日

アダプテーション

出演: ニコラス・ケイジ,、メリル・ストリープ、その他
監督: スパイク・ジョーンズ

これは英語でリスニングするのが難しかった。
まず、ドキュメンタリー風かつドラマという二重設定に、主役のニコラスケイジが双子として二役やっている(実際に存在する脚本家、チャーリー・カウフマンとして)
なので、場面がしょっちゅう昔の場面と現在の場面に飛ぶ。
これを理解するのが字幕を消していると大変。

ニコラス・ケイジの英語は意外と聞き取りやすいが、どうみても上級者リスニング向け。

posted by Hachimitsu at 23:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11986079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。