2005年04月06日

伝説

プロ野球の試合なんてほとんど見ないんだけど、昨日偶然チャンネルを合わせた横浜−巨人戦。


巨人側の攻撃で小久保が長打を打って、一塁を回って二塁に進もうとしてやっぱり駄目で慌ててヘッドスライディングで戻ったときにボールが返ってきてタッチアウト!って場面。

ビデオの再生だと余裕でアウトなんだけど、審判の立ち位置だとそれが見えなくてセーフにしちゃっときに横浜のベンチから物凄いスピードで一塁に走ってくるユニフォームの男が。




牛島新監督スゲェこえーの。


目はタレ目の優男だけど、星野みたいに怒りを前面に出すタイプじゃなくて内に怒りを蓄えてっていう感じ。
だけど、そのスゴみが半端ない。


んで試合は同点で延長になって、その後サヨナラ勝ちしたんだけどベンチの中でも自ら率先して手叩いて盛り上げてんのね。




やっぱり、リアルパッチギというかガキ帝国というか
浪商 牛島伝説はホントだな。
posted by Hachimitsu at 07:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。