2005年04月16日

ラブアクチュアリー

出演: ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ、、、、

クリスマス前の五週間を週ごとに描いていく。
出演人数が多い映画。
微妙なルックスで顔と名前を覚えにくい男、コリン・ファースもいる。
エマ・トンプソンはだんなの浮気に気づいて泣いたというのが、自分の聞き取りが悪くて分からなかった。
ポルトガル語が出てきてとまどうところもあるが、それ以外はなんとか流れで理解できた。
変に囁いたり叫んだりする芝居が少なく、たんたんとした演技が多いので教材としては良いかも。
DVDを購入して繰り返し見れば、勉強になると思われ。

画用紙に字を書いて紙芝居式に告白するシーン、去年の月9の「ラストクリスマス」にも出てくる。

パクられてやんの。



しかし、春先に見る映画じゃないよな。

季節を間違えた。
posted by Hachimitsu at 11:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。