2004年09月25日

スクールオブロック

「あの頃ペニーレインと」、「デトロイトロックシティ」等に連なるロック映画の1つ。
売れないミュージシャンが友人になりすまして小学校の臨時教員に就任。
当然勉強はなにも教えることはできない代わりに「ロック」を授業として教えることを思いつき、子供達にバンドを結成させて音楽を教え込む。

これ英語学習として言えば、小学生は難しい単語を言わないからなのか、主演のデブ、ジャック・ブラックがイイ声だからなのか分からないけれども非常に聞きとりやすいし言葉も短くてオススメできる。
話の展開もテンポいいし。
できれば購入して何回も見ると非常に勉強になる気がする。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。