2004年07月25日

第108回TOEIC公開テスト

この暑さも限界の日曜日。

またもや睡眠は十分に摂ってから電車に乗り込む。

横浜国際競技場で行われるロックフェスのせいで昼間っつうのに混んでんの!電車!
遅刻ギリギリだったらそれだけでもうやる気なくしてただろうな、、、。

いつもの試験場の某大学ではなくてこじんまりした専門学校の教室だったのでサークル活動の騒音も無く落ち着いて受験できた。

今回のポイントは
@完全解答すること。できれば時間を余らせて終わること。
A速く解く方法を模索してみたが、一問解く前に「設問」だけ読んでから解答に望むことを採用。
(「設問」と「解答」も読んじゃうと一度に頭に入らないから不採用)。
Bpart5、6の文法語法問題の正解精度を上げる。

コレくらいかな。
いまいちリスリングに関してはテーマを絞れず。

________________________

で結果としては、
@は予定通り5分前に終了。しかし、最後の6,7問ほとんど一問10秒!くらいで解いたため見直すとそのうちの半分くらいは間違ってて修正。
TOEICって最後の問題に差し掛かるに連れて難しくなる、わけじゃなく最後の15問くらい前が難しかったりする。
今回も同じで途中の長文に1つ読解が難しいものがあった。
そこで少し時間をロスしたかも。
しかし、設問は内容よりも格段に易しかった。
そういうのに対応できたのでAにやり方は有効だった。
しかし、そんなに速く解答させるTOEICってどうなんだろう?
もっとじっくり解きたい気もするが。
というより、長文の前のPart5、6をもっと速く解きなさいってことかな。
今回そちらは30問25分で解いた。
しかし、語法のところは難しかった。
じっくり解ければ正解できるものもあったと思うがその辺は今回は見送り。
なのでBについては基本を落とさずにこの調子で少しずつ解答時間を短くしていこうと、次回は。

リスニングもAのやり方で最後のpart4は以前より出来たと思う。
問題が流れてる間にもう問題を解いているという方法。
しかし、リスニングは最初のpart1の方がじっくり聞きすぎてかえって考えすぎて頭がこんがらがったので、それ以降のより出来が悪いかもしれない。

そんな感じでしたが次は語彙とリスニング力を更につけてからじゃないと受けてもしょがないだろうなぁ、、、とうことで年内にもう一度くらい、、かな。

それにしても詰め込み勉強をしてる中、前日のテレビはキツかった
だって年に1回一番面白い「めちゃイケに出る中居くん」+「笑わず嫌い王」×∞の「27時間テレビ」に加えて「日本対タイ」戦だもん。

録画しつつも
「くり〜むしちゅー」、「さまーず」、「笑い飯」「B21スペシャル」は誘惑に負けて見てしもた。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。