2004年06月18日

スピーキング

「英語できますか?−究極の学習法−」井上一馬という5年ほど前に書かれた本をふと読み直す。
この本タイトルで連想しがちなHOWTO本のように「あれやれ、これやれ、」と細かい規定があるわけじゃなくリスニング、リーディング、最後にスピーキングとおおまかに分けて非常にゆる〜いアドバイスが出てくる。

リスニングはテレビやラジオ、リーディングは英字新聞をというオーソドックスな学習法を薦めているがギスギスした紹介法ではないので「ああ、もう忘れてたけど結構筆者の方法を取り入れていたんだなぁ」と。

しかし、まだろくにやってない学習分野がその最後にも出てくる「スピーキング」。

文法や単語などのインプットが進んできたら初めてやるのが効果的だと言っているのに同意、、、するのだがハテどのように進めたらよいか?

まずは1人で身の回りのことをしゃべってみるというのを最近ヒマなときにやろうと試みてるが、コレが中々うまくいかない。

慣れてきて数十分語れるようになったら学習記録に載せようかと思うけどまだまだ試運転中。

■今日やったこと
・レッツスピーク 15分+10分
・徹底TOEICTEST文法 30分
・二つの塔 45分
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。