2004年06月05日

音楽の輸入盤はどうなるのさ。

■身の回りで知らない人ばっかなんでほぼ私信wです。


法案が通った場合なにが問題になるの?
日本盤が出ている洋楽の輸入盤が買えなくなるかもしれない。
日本盤がCCCD、輸入盤がふつうのCDの場合でも、日本盤しか買えなくなるかもしれない。
国内盤が出ないCDも小売店には並びにくくなるかもしれない。
個人的に楽しむための輸入も税関でストップされる可能性がある。

私たちは海外盤CD輸入制限に反対しつづけるより。

という法案がついこの前あさーりと可決、成立されたわけですが、、、。

ずっと前にも自分の音楽への情熱の低下について日記に書いたんですが、この辺の方がおっしゃる通り「準備はいいかい?」渋谷系を真っ只中に通り過ぎた自分としては輸入盤が買えなくなったとしてももうすでに家には聞きとおせない程のCDやレコードはあるし、新譜も買いたいものが少ない。
すでに手元にあるもので十分といえば十分。
あとCCCD問題にせよこういう日本のレコード会社を保護する政策、傾向が顕著になるっつうのはよっぽどその不振振りが深刻なんだなぁと。
10代20代の人たちに聞いてみるとホントに月1枚CD買えばいい方って感じだぞ。
イメージ的に10年前に比べて1/5位に落ちてる気ぃするけどそりゃないか。
ゆる〜い不買運動でつぶれちゃった方が良かったりして。
アーティスト側もCCCDではまともに怒ってる人たちは「くるり」位で最近その件でソニーと喧嘩してついにインディーズに降臨した佐野元春のネ申振りがやっと大きい話題になったが輸入規制においては声を挙げてるのは中原昌也とECD位w
おぃそれじゃ一般の人は気づかないよ!

まともにこの法案が行使されたらシスコとかマンハッタンレコードの店自体及び利用してるDJさん達が相当困ると思うけど、どうなんだ(レコードにも適用されます)?

結局一番被害に合うのはアーティストたちだから。

自分としてはもっとレコード会社なんて堕ちていけよと思う。

しかし志あるアーティストたちは大木に寄らずに行く術を模索する時期に来てるでしょうマジで、メジャー、インディーズ問わず。
(あの「インディーズ」と称してメジャーのレコード会社が出資してるとかじゃなくてよ)

まぁ極端に一気に施行されたりはしないと思うんで様子見で。

参考;NO!CCCD!コピーコントロールCD反対!
NEWSWAVE ONLINE(小野島大さんのHP)
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。