2004年04月18日

『道を失ったら、別の小道を探せ』(ジェフ市原対アルビレックス新潟)

今週はホームの試合は無いわけで、ならばといそいそ国立競技場へ。
行ってきました、そして初めて見ましたオシム市原のサッカー。
相手も申し分ない反町新潟。
要するに知性派対決。両チームともよく走り見ごたえありました。

オシム語録。「道を失ったら別の小道を探せ」

ああ強かったね市原。0コンマ何秒ほんの一瞬の動き出しや判断が相手より速い。
特に左サイドの村井にボールが渡るとトップのFWに加えて中盤の佐藤や羽生や中島が相手よりも速くゴール前に密集する。
最初のDF茶野のミドルシュートの1点も、今までだいだいがゴール前まで丁寧にボールを運んできたから「まさかあそこからは打ってこないだろう。」という一瞬の気の緩みをついた技ありの一撃。
前半2−0で後半の新潟の猛攻を1点で凌ぎ2−1で市原の勝利。
対して、反町新潟もJ2の時の戦力から復帰の寺川と鈴木慎悟を加えた程度の戦力(得点王マルクスが去ったから実質マイナスなんじゃないかと)でよく戦ってるなぁと。
現在J1で2位のチームによくやってますよ。

新潟に山口という好きな選手がいるしなんとなく新潟側に座って観戦してたが思わず市原の2ゴールに手をたたいていた自分。
でも周りの新潟サポってそんなことしても大丈夫ってか。
ジェフサポより圧倒的に多い数がゴール裏に集結していたが、声を出してる人数が1/3のジェフサポに声で負けている時もありなんともホンワカしてる感じに違和感を持った。
あの3戦未勝利に終わった1998年のフランスW杯の日本代表。
その時日本のサポーターのマナーの良さが賞賛された。
あの時の違和感と同じ。そんなこと賞賛されても困るってば。

2−1、健闘したがまぎれもない敗北にも関わらず、試合後生暖かい拍手と声援に見送られる新潟の選手達。

選手達もクールダウン中に客席に手を振るが、その中に1人だけ「う〜ん」という感じで終始考え込むように腕組みをする人物が、、、、。

反町監督、あなた達は今日はブーイングを受けて然るべきだった。
サポーターの教育も含めてまだまだ新潟の地で色々やらなきゃいけない監督にエールを!

posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3141223

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。