2006年03月20日

しばらく

更新減ると思います。

その間

こちら
009947462X.01._OU09_PE10_SCMZZZZZZZ_

でも読もうかと。

ワールドカップ開催の頃に日本版のDVDも出るみたいですねぇ。




PS:カエラちゃん、いままでどうもありがとうございます。お疲れ様でした。
  いつか、サマーソニックの千葉マリンで大トリを務める日を心待ちにしつつ。
posted by Hachimitsu at 20:46| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

英検準一級二次

予想通り死亡。

38点中合格が22点で20点。

とにかく4コマを語るところで頭が真っ白になるが、次のQ&Aで得意のハッタリで点を稼いだわけだが、あと2点足りず。

まったく喋れない割りに点はある程度ある。
かなり甘いので普通落ちない気がする。質問なんてかなりスローだし。

しかし、オレはそもそもスピーキングそのものが大の苦手なのだ。

というわけで今年は英検1級を目指しつつ、6月の準1の二次までに語りをなんとかできるようにすると。

そのためには、準1のではなくて1級の二次のようなフリースピーキングに照準を合わせないとだめなんだ。

とにかく2006年現在、スピーキングが最大の壁だ。
posted by Hachimitsu at 23:11| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

またまたまた

ハートで感じる英文法・冬休みスペシャル[再] 「英語に丸暗記はいらない!イメージだ!」


2月28日(火)〜3月3日(金) 26:00〜26:46 NHK教育

去年の年末にやっていた、オリジナルが去年の7月〜9月期の12回分の抜粋の、8回分の再々放送(ややこしい)

内容はこの本と同じですね。

これだけ短期間に何度も再放送するってことはリクエストが多いんだろう。

ちょっと起きてるにはキツイ時間帯なので、興味ある人は録画すべし。


特に英語嫌いなあなたに




posted by Hachimitsu at 22:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検準一級の二次

no-title
実は英検を受けていて、このように一次は合格最低点で通過wしたわけだが二次の準備なんか全然してなかった。

結果、最初の4コマのスピーチの段階で撃沈、、、、、非常に悔しかった。


次回までに出直してきます。

一次の結果で見るとおり、最初の単語と読解のところで8割近くできているにもかかわらず、リスニングで6割、作文に至っては5割以下と滅茶苦茶能力が偏っている。

これは、一年かけて多読と文法強化で特に文法のアレルギーはかなり克服されたが、次なる壁として書くことと話すこと両方において日本語→英語への運用がダメダメ、というのがある。

これの克服にまた一年かかると思う。そいで、それがある程度まで克服できればかなり総合的な英語力が身につくと思う。

とにかく今のところ1分も2分も英語だけ喋るなんて今のところ無理無理。

posted by Hachimitsu at 21:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

辞書は暗記出来るのか?

かなりのほほんと、何に急かされるわけもなく、淡々と英語学習をしてきたが、いつのまにか多読は500万語を超え(数えてないけど少なく見てもそれ位はいってる)、なにか凄い分厚い本でも「何とか読んでみようか、いっとく?」ってな具合で挑戦して何とか多少辞書を引きながらも読めている現状。
と、なるといよいよ辞書、それも5万語前後の通常中高生から使用してきている辞書を一気に暗記したら、普通にペーパーバックや英字新聞も辞書を引かずに読めるようになるんじゃないか?思うところまで来てしまったのだ。
何かそうしないとこれ以上向上しない気がする。

ということで、いつのまにか、こんな地点まで来てしまい、来年はその辞書暗記に本格挑戦しそうな気がするのだ。

しかし、客観的に見て辞書を丸ごと暗記するなんて極めていい意味で取って欲しいのだけれども、キチ○イ行為だと思う。

果たして、、、、本当に辞書の丸暗記は可能なのだろうか?
というのが来年のテーマになりそうです。
posted by Hachimitsu at 19:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ペーパーバックを読むための覚書1

・一時間20ページ以上読む。逆にそれだけ読めないものには手を出さない。
(それ以上かかると全然進まない→意欲が薄れる)
・分からない単語は↑の時間の範囲内で調べる。
・単語は7、8割分かっていれば筋は追えるのでそれ以上細かく調べない。
・(細かく全部調べてもどうせ全部は覚えない)
・一日30分、10ページでもいいから読み進める。
(一週間も読まないでいると登場人物名すら忘れてしまうから。とにかく、毎日少しでも読んでおく)
・登場人物は紙に名前と役柄を書き出しておくと分かりやすい。

とりあえず今のところ。
posted by Hachimitsu at 18:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

備忘コピペ

"You'll never walk alone"

When you walk through a storm         嵐に出会った時は
Hold your head up high               しっかり前を向いて行こう
And don't be afraid of the dark          暗闇を恐れてはいけない

At the end of the storm              嵐の向こうには
There's a golden sky                青空が待っている
And the sweet silver song of a lark       雲雀が優しく歌ってる

Walk on through the wind             風の中を行こう
Walk on through the rain             雨の中を行こう
Though your dreams be tossed and blown    たとえ夢破れようとも

Walk on, walk on                  歩こう 歩き続けよう
with hope in your heart              希望を胸に
And you'll never walk alone           そうさ 俺達は一人じゃない
you'll never walk alone              俺達は一人じゃない

Walk on, walk on                  歩こう 歩き続けよう
with hope in your heart              希望を胸に
And you'll never walk alone           そうさ 俺達は一人じゃない
you'll never walk alone              俺達は一人じゃない

posted by Hachimitsu at 08:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

買収

買収   buyout
     
株を買い占める 
     corner the market


乗っ取り takeover
株   stocks、interest(イギリス英語→a share)
株を買う buy stocks
株式会社 a joint-stock corporation
株式市場 the stock market   
posted by Hachimitsu at 07:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

スペイン語講座にあのコンビが、、、

4月からまたNHKラジオ講座がリニューアルされますね。



・ ラジオ 基礎英語1
・ ラジオ 基礎英語2         
・ ラジオ 英会話入門(
・ ラジオ 英会話中級(
・ ラジオ 英会話上級(
・ ラジオ 英会話レッツ スピーク
・ ラジオ ビジネス英会話
・ ラジオ シニアのためのものしり英語塾(


詳しくはここで 。

・「リスニング入門」が無くなって、新たに英会話のコースが3つも!できる。
・「レッツスピーク」は週6の内、ビニュットが月〜木の4回から月〜水の3回に減る。
 代わりに音読練習の日が増える。
・その他は、週6日のうち月・火/水・木/金・土はそれぞれ同じ放送内容、つまり、週3回  で学習できるプログラム。

試しに本屋で「英会話中級」あたりを手に取ってみた。
look forward toとか出てきて高校生レベルで「レッツスピーク」より易しい。
何か1つの講座の分量を減らして、2つ以上取り組ませようという魂胆なのかは分からないが、くれぐれもオーバーワークにならないように気をつけたいところ。

おいらは「ビジネス英会話」1つで今のところ手いっぱいなので、4月からもそれだけで行くでやんす。

それにしても今度の改変での一番のサプライズは(これはテレビのだけど)、

09291042005.jpg

なななんと、、、笑い飯NHK進出キタ−!!!!!!

スペイン語と笑い飯に何の共通点があるのか不明(どっちかがスペイン語学科卒だと見た)だけども、かなり気になる気になる。

毎回コントをやるんでしょうかね?

去年はドイツ語でペナルティが出演してたが、あれは2006年のドイツw杯に合わせてのもの。
でも、今年は彼らはやらないようだ。
2005年も継続しなきゃ意味ねぇだろ!って気がするが?まぁ、いいや。
posted by Hachimitsu at 00:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

ポール・ハーベイとは何者か?

毎日朝の7時過ぎのAFN(AM810khz)。
「Rest of the story」というタイトルで、朝から何か気の抜けた音楽で始まる
「ポール・ハーベイニュース」と言う番組のmc。
彼が、ポールハーベイ→paulharvey.com

nav2_r01_c1.gif

相当のおじいさんである。

「カラミティ・ジェーン」等という昔の映画に出演していた人で同名の人がいるが既に他界
している。

多分この人だろう→Paul Harvey

ABCニュースの古参のコメンテイター?なのか、向こうの小説を読んでいても「ポール・ハーベイニュースが、、、、」とか出てきて、とても有名な人のようだ。
どうやら、一日に起きたニュースをユーモアたっぷりに紹介してくれる人のようだが、まだオレにはそのギャグは理解できてません(つまり、聞き取れてません、、、)



AFNって全国で聞けるのかと思ったらそうじゃなかったみたいね、、、、
聞けない地域の方には無駄な情報スマソ
posted by Hachimitsu at 07:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

tsunami

tsunamiは国際語らしい→http://search.yahoo.com/search?p=tsunami&sm=Yahoo%21+Search&fr=FP-tab-web-t&toggle=1&ei=UTF-8
cnn→http://www.cnn.com/2004/WORLD/asiapcf/12/29/asia.quake/index.html
その他ラジオとかでも「ツナミが〜」と言っていたので一般的に浸透しているようですな。
「tidal wave」というのが「津波」英語訳のはずだが、それは余り使われてなかった。
台風(←typhoon)のように英語の当て字だったのかと一瞬思ったけども、




「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」「津波」


















んなわけないか。


なんで日本語の「tsunami」が英語として使われてるのかは知らない。

サザンは英語として使われてることを知ってて曲のタイトルをローマ字で表記したのだろうか?
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

Haudy haudy

英語教室経営者が失踪 一部生徒から「預かり金」
ほとんど宣伝されてないけれども口コミでの評判がよく(とかとか)、友人も通っていた知る人ぞ知る渋谷の英会話スクールHaudy Haudy。
授業料が安価ながらも堅実だ、という良い評判のあるところが金持って逃げるなんつう最もやって欲しくない評価に対する裏切りをしてしまうという。
微妙に授業料を値上げするとかでなんとかならなかったのだろうか?
理想を現実に実行していくのはかくも大変なのものなのか。う〜ん。

英会話スクール、、、通う側には英会話を上達させようという向学心しかないかもしれんが、向こう側は儲けようという論理が働くからその辺が悩ましい。
苦情の多いNo●aとかは講師の問題よりも、スタッフがあれこれ講座を薦めたり何かを買わせたりするといったものの方が多い。(リンクを貼った例なんて典型)
通う側はそのサイフを狙ってくる資本の論理をうまいこと交わしつつ自分の学びたいものを掴み取ってこなくちゃいけないわけですな。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

「エクソダス」ではなくて「エキソドス」とウタダはいう。

そいうえば今度の宇多田ヒカルのニューアルバムは全米デビュー盤ということで、


「エキソドス」

日本語のカタカナ読みでは「exodus」は「エクソダス」だよね。
「えきそどすがさぁ〜」などとは言わない。

辞書では

新英和中辞典 第6版 (研究社)

ex・o・dus /ksds/

1 [単数形で] (大勢の人の)外出; (移民などの)出国 〔of,from〕.
2a [the E] (イスラエル人の)エジプト出国[退去].
b [E] 【聖】 出エジプト記 《旧約聖書中の一書; 略 Exod.》.
ギリシャ語「出て行くこと」の意


こんな感じ。
ちょっと発音記号が表記できないんだけどもexodusのoとuの部分はe
をひっくり返した記号で「オ」に近い音なんだろう。

なんで、本当は「エキソドス」なんである。
______________________________

英語をしっかりとシャドウイングなどして発音もより近く学習しようとすると、面倒くさいのがこのカタカナ英語と本当の英語の発音の大きな違いなのだ。
外国人が話すような発音でしゃべると日本人には通じないから同じ単語で二つの言い方を頭に入れる、しかも全部だ。

girlはガールではなくグゥル(グと言ったあとに歯の奥の方で口をrを発音するときのように巻いて音を出すって文章で説明しにくいw)。
bodyはボディというよりバディだし
coffeeはコーヒーというよりカフィだし
radio はラジオというよりレィディオだし(これ単に部屋で目についた物の羅列)

などなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどなどキリが無い。

カタカナ英語はいつから出来たのか難しい話は知らないが、いつか「まぁ普通に読んで正しい発音により近い形」に直されるときは来るのだろうか?

今小学校から英会話を教えてるというが、その子たちが大人になるころには少しはましになってるのだろうか?

コチトラ一つ一つ訂正してかなきゃいけないから大変なんだよ。

その辺り高々半年シャドウイングやらやったところで矯正されるもんでもないようだ、自らの経験では。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

スピーキング

「英語できますか?−究極の学習法−」井上一馬という5年ほど前に書かれた本をふと読み直す。
この本タイトルで連想しがちなHOWTO本のように「あれやれ、これやれ、」と細かい規定があるわけじゃなくリスニング、リーディング、最後にスピーキングとおおまかに分けて非常にゆる〜いアドバイスが出てくる。

リスニングはテレビやラジオ、リーディングは英字新聞をというオーソドックスな学習法を薦めているがギスギスした紹介法ではないので「ああ、もう忘れてたけど結構筆者の方法を取り入れていたんだなぁ」と。

しかし、まだろくにやってない学習分野がその最後にも出てくる「スピーキング」。

文法や単語などのインプットが進んできたら初めてやるのが効果的だと言っているのに同意、、、するのだがハテどのように進めたらよいか?

まずは1人で身の回りのことをしゃべってみるというのを最近ヒマなときにやろうと試みてるが、コレが中々うまくいかない。

慣れてきて数十分語れるようになったら学習記録に載せようかと思うけどまだまだ試運転中。

■今日やったこと
・レッツスピーク 15分+10分
・徹底TOEICTEST文法 30分
・二つの塔 45分
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月06日

発音問題A

■発音問題A
いわゆる達人系サイトを覗いていると
こんな表が

● 一番海外留学とかホームステイとかにあこがれる時期。でも行くには早すぎる。英語に接するうれしさと同時に苦しさを少しずつ感じ始める。ただ自分の成長がわかりやすい時期のため楽しさがある
● いつも習っている英語の先生の話すのはだいぶ分かるような気がする。知らない人との普通の会話の理解度は30%〜60%。映画はまだまだ5〜10%。
● 単純な構文の文章をとぎれとぎれでも話せるようになる。ネイティブのような発音になりたがる。相づちとかは一人前。丸覚えのフレーズをいってはみたものの返ってくる相手のいうことはわからない事もしばしば。
● ジャパンタイムズのような新聞ならそこそこ分かるようになる。ペーパーバックは簡単なものなら完読できはじめる。書くことを始める人もいるが、へたをしたらまだ小学生低学年レベルのライティング。
(TOEIC600〜800点くらい)

       達人への道実力vsTOEICより
このネイティブのような発音になりたがるってのがモロ図星w

元ネタは英語達人のグル(伝導師)の松本道弘さん考案の相関図から作成されたもののようで、発音に関心を持ち出すのはごく自然なのかなぁと。

といってもホントにネイティブの人と同じレベルできれいに喋れるなんて相当難しいのは分かる。

だって、デーブスペクターとか20年近く日本のテレビ出てても独特のなまりは抜けてないし。

成人してから第二外国語を身につけようとするとその発音やイントネーションまで完璧に習得するのは無理だと思った方がいいのかも。

だからせめて発音記号と単語の強勢くらいは気をつけて覚えていこうと思います。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

発音問題@

きれいな発音、うまい発音を身につけようと思っていると、

こんなところが「そんなに簡単じゃないですよ」という。(「英語独学」に関するところ)。

引用すると怒られそうな記述があるので書かないけれどもこの全てネイティブの方たちで構成される個人英会話教室さんの考え方は一応のベストかな。

しかし、ベストを手に入れる為には多大な時間とお金が必要となるようで。

ベストのちょい下でいいからもう少し効率的で安い方法がないかと思案中。

■今日やったこと
・レッツスピーク 15分
・リスニング入門 15分
・ロードオブザリング 60分
・英字新聞 60分

なるべく自己流でなく、きちんとしたネイティブの人がしゃべったものを流しながらの音読は必要最低のようで。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月25日

メール

先週はイマイチ英語の勉強が進まなかったなぁ。

こんな週は英語の話はあまりない。

なんで、こんなネタでお茶を濁したい。

最近届いた国際スパム?メール↓。

Dear Sir/Madam,

It is my wish to inform you about my interest of investment/partnership
with you.

I am a Liberian, Resident in Accra Ghana West Africa; I have very much
interest to invest with you, for I have sum money in my possession now
wasting for nothing.

I,my brother and my mother inherited the sum of $15million U.S dollars
from my father who was a Senior Government official before he died
during this past war in my country Liberia. But before the war started
he took all his money away and lodged it with a Security company in
Accra Ghana.The money was put inside two metallic trunk boxes.The
actual content of the boxes was not disclosed to anyone.It was deposited as
family valuables.Unfortunately the war started and my father was killed,
now that my father is dead I,my brother and my mum inherited the money and
other properties.

I will be very much pleased if you can help us to use your name and
sign the change of ownership form, as one of my business associates
oversea.By using your name, it will help us for easy transfer of the
consignment out of the country through a Diplomatic Courier Service so no
body will ask any question, if it is a foreign partner in business they will
assume that the consignment is for you period.

Please help us because I heard rumors that Government is about to start
investigation of money and property I know that my father's name will
appear and they will probe us for the money and other properties.
I will like to hear from you if you can or not, but I fill that by
helping me will bring more relationship to us in future and God will
bless you by doing so, because my father has died and God gave us this
money as compensation of my father's death. If we miss this money we
are going to be poor throughout our life in this world.

If I see your reply,I my brother and my mother will go to my mothers
lawyer and present your name then he will now tell other requirements
that follows.If you help us, 10% of the money shall be for you.
Please may I get your reply soon for I am hearing rumors of another
crises about government property.

Hoping to read from you soonest

Thanks,
Miss sandra Kakas

Please reply to this email address--xxxxxxxxxmail.com

まず、誰に送ってんのかと。

マダム○○さんへと自分のとこに来ました。

内容を要約すれば、両親が死んで遺産を相続したが君の名義だけ貸してくれたら、その150000usドルの10%を君にやるよ!
150万円くれんの!

っていういくらなんでもヒネリなさすぎの詐欺。

こういうのに乗ってみるのも裏英語学習としてアリだと思いますが。

来週はもうちょっとちゃんとやります。


posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月04日

ペーパーバックについて

昨日の続き。
sss英語学習法では、向こうの幼児が読むような絵本あたりからスタートしてとにかく多読して、100万語読めと。
そして、まず自分の能力で読めるものを読解できない苦痛なしで読んでいこうと。
自分が高校生のときに出会っていたら絶対採用していた方法である。

自分の場合、とある小さな洋書屋さんの親切な店員さんのアドバイスから始まった。

やはり、sssと似たところがあって、まずは、簡単でかつ面白そうな本を数冊紹介してもらった後(もうこれは高校生の英語で読めるものだった)、

ミステリー、、、つまりシドニー・シェルダンが良いと薦められ、「真夜中は別の顔」や「ゲームの法則」などを読んだ。
次々と物語が展開していくのでどんどん読んでいけた。

ここで、世の素直な方々ならばこのままシェルダンを制覇してそれだけで○○万語突破!されたことでしょう。

しかし、ヒネクレ者の自分としては、翻訳もののシェルダン自体に何の魅力を感じなかったため(中学生くらいだったら興奮したのにな)、早々とシェルダンはさようなら。

その後は自分の好きな映画の原作や小説(レイモンド・カーヴァーやニック・ホーンビィ)を読み散らしている。

以前は辞書で知らない単語は調べていたが、よっぽど調べたいもの以外は調べずにそのまま。

読むスピードはいつのまにか上がっているが、それは日々の単語暗記や文法理解などの地味な勉強によると思う。

なんだかツマラナイ結論だがそういうツマラナイ学習も役立ってると思えば納得がいくわけで。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月03日

ペーパーバックについて@

■ペーパーバックについて@
基本的には辞書は引かない、つまんなかったら止める、というSSS英語学習法
の理念にほぼ同意。向こうの幼児が読むような簡単な本から始めて6ヶ月で100万語読めば、誰でもペーパーバックが読めるという。
自分はもうそんな子供用のを読むこと自体がつまらんので真似しないが、

分速100語以上で読めればその本は自分のレベルに合ってて、それ以下だとまだ難しいレベルだから避けた方がいい、という考えは採用している。

ここでも、自分のレベルに合わせることと自分の興味を引くものを選ぶことの重要さが確認される。

一定のレベルに来た時のオススメがシドニー・シェルダンのシリーズなんだが、、、嫌いなんだけど(爆)。

いや、でも万人にはオススメなんでしょう。
posted by Hachimitsu at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。