2005年11月29日

John Peel A Life In Music

1843171570.01._OU09_PE10_SCMZZZZZZZ_
イギリス国営ラジオBBCにて、40年近くバンドの生収録番組を担当して「ジョンピールセッション」としてレコードもリリースしてきた伝説的DJの伝記。
パンク、ニューウェーブの紹介者として有名なのだが、キャプテン・ビーフハートとの親交や、カン、ノイ!などのドイツのバンド、ボブ・マーリーに代表されるジャマイカレゲエ、ヒップホップもシュガヒルギャング、アフリカバンバータなど黎明期から、はたまた一曲が数秒で終わるグラインドコアのナパーム・デスのようなところまで、その幅は広かった。
というか、ジョンピールというアンテナを持っているだけで日本の音楽ライターはだいぶ助かったのではないか。

リバプールFCのサポーターとしての話も少しだが出てくる。
有名な94名もの死者を出したヒルズボロの悲劇のチャリティライブを企画したり、彼が死んだ週の試合ではちゃんとリバプールの選手たちは喪章をして臨んでいた、とか。

そして、なにより葬式で流れるのはもちろん「You'll never walk alone」。

日本ではサッカーに名残のこういう人はもうあと50年くらい経たないと出てこないかな。


おまけ:ジョージベストも死んだので(追悼できるほどよく知らないが、名選手)
wp.jpg
ジョンピールも紹介していたウェディング・プレゼントの一枚。
posted by Hachimitsu at 21:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/26〜11/29

・ペーパーバック「John Peel A Life in Music」120分×3
一気に読了。ミステリーは一休みで伝記もの。
6万語程度だしそんなに難しくなかった。
・ビジネス英会話 30分×3
・辞書暗記 60分×3
やっぱり語彙を増やしていかないと。
2万2千語収録のポケットサイズで十分だが、覚えていくと小説の読みは速くなる。


日本語でこの映画の原作、「未亡人の一年」を読む。
子供二人を事故で亡くした一家の四十年弱にも渡る物語。
素晴らしかった。
やっぱりアーヴィングは映画を見る前に原作を読んだほうがいい。
第一、映画の尺の2時間ばかしに収まらないものが多い。
今度の映画も原作の前半のみしか語られてないようだ。

「サイモンバーチ」も「サイダーハウスルール」も映画のほうを先に見てしまい、原作はまだ未読。
そろそろ、筋を忘れてきた頃なので原作を読んでみようと思う。
posted by Hachimitsu at 20:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

11/21〜11/25

・ビジネス英会話 30分×3 
 もう一度きっちりと音読を繰り返す。
・ペーパーバック「John Peel A Life in Music」60分×2
BBCの名物DJだったジョン・ピールの自伝。
ジョン・ピール・セッションという生ライブ番組で数々のバンドを出演させた人で去年亡くなった。
リバプール(サッカー)のサポーターだったらしく、ユニフォーム姿の写真もあってその辺りにも引かれて読み始めたのだが、リバプール話は最初の10ページ辺りで終了の模様。
まぁ、さくりと読めそうだ。
posted by Hachimitsu at 00:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

All That Remains

074349153X.01._BO01,224,223,220_PIsitb-dp-arrow,TopRight,12,-22_SH30_OU09_OU09_PE10_SCMZZZZZZZ_

英語で読んでるからと自分の読解力が低くていまいち分からないのだが、コーンウェル作品はかわいそうなっつか普通にグロテスクなんじゃないかと、今更気づく。

今回も殺されてから二年半も放置されて、ほぼ白骨化した死体、そこから犯人を見つけだす、という話。
骨に残る傷と、まわりに少しだけ残る遺留品という決め手だけをたよりに。
だから、All That Remains=遺留品(これだけかよっ!って感じの)というタイトル。

スカペッターシリーズ3作目だし、まだまだ切れ味最高で面白い。
posted by Hachimitsu at 23:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

Body of Evidence

0743493915.01._BO01,224,223,220_PIsitb-dp-arrow,TopRight,12,-22_SH30_OU09_OU09_PE10_SCMZZZZZZZ_

パトリシア・コーンウェル、スカペッターシリーズ2作目かな?
日本語版を10年くらい前に読んで、その秀逸なトリックに驚嘆したものでした。

そう、犯人は、、、、ってさすがに、書けませんが。

なかなか犯人が現れず、うんうん唸って捜査して、終章で突然解決するという。
だから、最後まで10年前に日本語で読んだものだというのが分からなかった。

しかし、コーンウェルを始めに手をつけたいならば断然オススメ。
posted by Hachimitsu at 18:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/18〜20

・ペーパーバック「Body of evidence」120分
・ビジネス英会話 30分×2
・pass単 60分×2

実に一ヶ月以上放置してきた本を一気に読了。
やっと細部を読みつつも、速く読めるようになってきた。
村上春樹が昔、カポーティの本の原本を「なんて名文なんだろう」と味わいながら読んでいたというが、まだ英語の文章を読んでそこまで鑑賞できるところまでは行ってないけれども。
posted by Hachimitsu at 18:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

サイコ

出演: ジュリアン・ムーア, ヴィゴ・モーテンセン, その他
監督: ガス・ヴァン・サント

あの名作のリメイク。1998年の作品で原作にかなり忠実に撮られているので、逆になぜ今さら誰でも知っていそうな映画の企画がこの時期通ったのか謎。
タイトルロールもヒッチコックっぽいってことはシベ超っぽいわけで(あくまでタイトルロールのみ)
オセロの松嶋を十年老けさして整形でアゴを出っ張らせたような女、主演のジュリアンムーアは後にハンニバルに出てたっけ。相棒のヴィゴ・モーテンセンはいわずと知れたロードオブザリングでブレイクする男前だ。この二人が事件を解いていく話。

アメリカ人てのはこの映画の元の事件や悪魔のいけにえのテキサスチェインソーの事件のような、その不可解さに全国民衝撃!みたいなのをもう何十年も前に経験してるという、当たり前の事実が頭に残った。

英語はオーソドックス、というか話の筋はもう分かっているので余り苦にならなかった。
posted by Hachimitsu at 22:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

11/12〜17

最近ほとんどネットから遠ざかっている。
しばらくこの調子だろう。

疲れもピークに来ている。
今日某牛丼屋にて牛丼のセットを注文。
1、生卵がついてるが、まず割るところでつぶしすぎて三角形の殻の破片を入れまくる。
2、手がすべり、溶いた卵を丼ではなくて、下のお盆に1/3以上ミスショット。
3、ティッシュをお盆にあふれた液状卵にかぶせまくる。



、、、、、箸の使えないだらしない子供が散らかしたようなテーブルが完成したのだった。
(特に2はないよな2は)


いつもより長めに風呂に入った。

学習記録
・ビジネス英会話 30分×3
・ペーパーバック 60分×5
・映画「サイコ」ガスヴァンサント版 90分

暗記物を全然やってないなぁ。

posted by Hachimitsu at 22:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

カスタムメイド10.30を見た

no-titleどうってことのない映画だった。
奥田民夫は松本人志みたいだと思った。
♪らーめん食べたい
っていう歌は矢野あきこの曲だと気付いたのは、映画館を出てかなり時間が経ってからだった。
posted by Hachimitsu at 08:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

モンスター

監督  パティ・ジェンキンス
出演 シャーリーズ・セロン、クリスティナ・リッチ、ブルース・ダーン
いつもDVDをレンタルするときに、パッケージの内容をろくに見ずに借りるので
「あれ?このぶっ細工なおばさんは誰だ???」
という思いと、確かシャーリーズ・セロンが出てたようなかすかな記憶と頭の中に?マークがついたまま話はどんどん陰惨な展開へ。
しかも、あまり望んでいない連続殺人+レズ物という設定。
レズの相方はこれも大分イメージが変わって、最後まで判別がつかなかったクリスチーナ・リッチ。

見終わって疑問てんこもりだったが、シャーリーズ・セロンが13キロ体重を増やして役作りをしたというアカデミー主演女優賞を獲得した作品ということを後に知る。

シャーリーズ・セロンといえばこんな冷徹な美人のイメージしかなかったもんで、、、

リスニングとしてはサスペンス映画のような難解な謎は少ないので、なんとか筋は分かると思う。











http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/people/charlize_theron.htm
posted by Hachimitsu at 22:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング教材としての映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。