2005年07月30日

England Away

away
他に「Football Factory」などのサッカー小説を書いているJohn Kingの1998年出版の本。
サッカーといってもサッカーを見る観客の方を描いているのが多いようだが。
この小説もイギリスからオランダに渡り、最後ドイツに到着するフーリガンの話で、試合のシーンは全く出てこなかった。
最初にオランダに行ったところで、いきなり飾り窓の売春婦との「交流」の話に飛び、その後も昔の戦争の話やら街の喧嘩やらがだらだらと続く。
そして、最後にドイツでの大舞台へ。

イギリスのブルーカラー小説らしいごみごみした汚らしさ(実際に出てくる単語も汚い)を満喫した。

あと、初めて日本語で翻訳されていない本を読んだ気がする。
posted by Hachimitsu at 13:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/29

最近、やたら早起きになった。
6時には起きてしまう、のは良いのだがとなると夜はすごく早く眠くなる。
ひどいとまだ9時なのに瞼が重くなって、ぎりぎり粘っても0時前には寝てしまうという。
これは、夏だから体内時計が早い時間に設定されるからなのか?
健康的でよいのだが、、、いつまで続くのだろうか?

・自由英作文 30分
一日1トピック100〜200語で書いてみようという試み。
まだ全然うまくならない。
・ビジネス英会話 30分
・多読「Isle of Dogs」60分
前回の「Away」(本当は「English Away」というタイトルだった)という小説は単語がスラングだらけで読みにくかったが、10日ほどで読了。
最近また読むスピードが速くなっている。
かわってこちらはパトリシア・コーンウェルのサスペンス。
「女署長ハマー」という邦題で、あまり評判が高くないが英語で読むならまあいいか、というところ。
月に2、3冊ペーパーバックが読めるようになってくるといいペースだな。
posted by Hachimitsu at 00:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

7/13 14

・ビジネス英会話 30分×2
久しぶりに再開。まだまだ細部まで全て聞き取れない。
今回は何だ、健康ネタか?
・「Away」 90分×2
この小説、サッカーのフーリガン小説のようだが、売春宿での出来事や昔の戦争の話など突飛な方向に話が飛ぶ。
サッカーの話は全然出てこない。
ballocks、cunt、bloke等直訳をそのまま載せるのを憚れるような単語がたくさん出てくる。
しかし、内容は以外に普通だ。早く読み終わりたい。

昨日、横浜FCが3ヶ月振りにアウェイ甲府にて勝利。
今週はついに、ホーム三ツ沢に15000人を集めようという企画の本番。

近くの人は行ってみよう。
いや近くなくても渋谷から横浜まで東横で30分程度。
横浜からスタジアムまではバスで10分だよ。
サッカーはテレビで見るのとスタジアムで見るのとでは全然違うんだ。
しかも、日本でもいや世界でも有数のサッカー専用スタジアム、三ツ沢球技場。
選手同士が掛け合う声も息使いも全て真近で見れる、いや体感できる。

とにかく、来てもらえれば分かる。
全ては分かってもらえると思う。

言葉で説明することは他に無いんだ。

7/16(土)の夜(七時〜)は横浜の三ツ沢球技場へ!
posted by Hachimitsu at 01:23| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

7/12

ずっと学習記録をサボっていた。これでは日記にしてる意味がないので再開。
先月はずっとTOEICの対策。で次回は秋になるのでそれまではまた多読に加えて英作を中心にやっていこうと思う。
いよいよ日本語→英語の作業に力を入れていこうかと。

と、思って「とあるテーマについて50〜100語で自由に英語で作文してみる」、というのをここ数日やってみたら、疲れる疲れる。

まだ、全然慣れない。

記録
・「AWAY」John King  60分
  気分転換に読んでいるサッカーの小説。言葉が汚いw まだ、1/4位しか読めず。
・ 英作文 60分
・ pass単 30分


色んなところを東奔西走する毎日。
都内某所の道端でキャバとかエロビデオではなく、芸能かモデル関係のマジスカウトされてる女の子を見る。
お母さんと一緒でそのお母さんに真面目そうなスーツ姿の男が名刺を渡していた。
「でも学校があるしね〜」とかお母さんは言ってたけども。
その子は背中からしか見えなかったけど、痩せていて胴体と足の比が2:3位(当然長い方が足ね)で周りの人達とはやっぱり全然際立って目立っていた。

未来のスターが誕生する瞬間を見た気がする。

何か違うんだ、レベルが。後ろ姿だけでも。
posted by Hachimitsu at 01:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

put one's THUMB up

部屋で昔のCDを整理したのだった。
そして、ふとネットサーフすると、、、、

SLIME BALLのHPより
>尚、今後は新メンバーとして岡田 洋介(BASS)を向かえ、
よりいっそう、精力的に活動して行きたいと思っております。

すると、、、、

SLIME BALL are ...
MAKOTO WATANABE (Guiter.Vo)
SUSUMU HAZAWA (Guiter.cho)
YUTAKA KATAYAMA (Drums.cho)
YOUSUKE OKADA (Bass.cho)




再びみんな一つの下に集まったのだった。

また、横浜のCLUB24をホームグラウンドに何か始まるといいな。

posted by Hachimitsu at 14:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

クロマティ

映画公開に待った 人気マンガ「クロマティ高校」 クロマティさん「名前使うな」
>青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる

誰か英語に訳してちゃんと読ましてやれよ、、、、
クロマティの名前自体と内容は全く関係無いですから。
posted by Hachimitsu at 00:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

コンフェデ 日本−ブラジル

うー悔しい、、、、
勝てたよな。

しかし、ロナウジーニョもカカも日本をなめずにちゃんと先発で出てくれてサンキュ。

あと本番までにこれ位の強い国、強いメンバーと5試合くらいガチでやって欲しいな。
posted by Hachimitsu at 21:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ミリオンダラーベイビー

出演;クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
監督;クリント・イーストウッド

アカデミー賞受賞の女性ボクシング映画。
もうお爺さんと呼べる年齢に近づいているイーストウッドの新作。ボクシングジムの老トレーナーという設定も違和感がなくなってきたと。
「ミスティックリバー」よりは手堅くまとまった感があるがさすがにうまい。
最初女性(ヒラリー・スワンク)の入ジム?(入団)を頑なに拒んでいるが、女性のボクシングに対する情熱に打たれてトレーナーを引き受けるあたりの下りがクサくならずに滑らかに自然に描かれる。
普段は車のトレーラーに寝泊りしているアメリカの貧乏な白人達、いわゆるホワイトトラッシュ出身で、レストランのウェイトレスからボクシングだけを生きがいにして成りあがろうとする彼女の物語、ただそれだけかと思ってたら少し違っていた。
最初は用具も満足に買えないような生活から、親に家を買い、チャンピオン戦にも挑戦し、海外を対戦で周る、成功物語の感動物のはずが、何故かそのそれぞれの場面でズレる。
感動悲話は悲劇に転ずる、転ずる。

そして、最後のオチは日本人には理解できない。

外から入ってくる太陽の光に満ちた病室の廊下を、一人去っていくイーストウッドのシルエットがまたいいのだが。

あ、そうそうこの映画の字幕は戸田奈津子だった。
最近ロードオブザリングだとかで誤訳だの言われてるが、確かにこの映画でも完全に直訳とは違う訳が何回か出てきた。
それが誤訳かどうか判断する力は無いのだが、大御所一人は集中的に叩かれるのはどうなんだろう?
誤訳なのか異訳なのかはっきりさせる能力のある人がきっちりと分析して欲しいのだが。
posted by Hachimitsu at 21:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

大黒〜!!!!

いや〜夜中まで起きてた甲斐があった。

さぁ寝るぞ!
posted by Hachimitsu at 02:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

「シガテラ」終了

といっても、先週号の話なのだが、、、、

まだまだいくらでも展開していきそうな感じだったのに唐突に終わってしまった。
高井君とか耳切られたいじめっ子の兄ちゃんの今後とか、、、いったい何処へ、、、
70話ってことは全7巻か。「ヒミズ」よりは頑張ったんだね。

「エヴァンゲリオン」とか「電車男(読んでないけど)」のように勇気を出して、背伸びして頑張って挑戦して、やり遂げた!しかも成功した!バンザ〜イ!、、、、、、、、、、、、
っていう「後」の方が人間は苦しむ、という世界を描いたレアな漫画だったのに。


もう少し長く読みたかった、、、、、、、
posted by Hachimitsu at 22:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。